インフルエンサーになんてならないほうがいい

大学生活

こんにちは。投稿者の秘密基地を作る大学生です。

今日は、最近やけに流行っている、インフルエンサーについて書いて行こうと思います。

そもそもインフルエンサーとは

そもそも、インフルエンサーとは、SNSのフォロワーが多く、世間に与える影響が大きい人のことを言います。

SNSのフォロワーが多かったりする場合もあれば、フォロワーが少ない人のことはマクロインフルエンサーと言います。

インフルエンサーなんて曲までありますね笑。

それは置いておいて、インフルエンサーになるにはどうしたらいいのでしょうか。

何もしていないとインフルエンサーにはなれない

最近では、インフルエンサーになるにはとか、SNSビジネスでのノウハウなんていうのを電子書籍やnoteで販売をしている人を目にします。

しかし、それを購入した人は果たしてインフルエンサーになることはできるのでしょうか。

インフルエンサーになれるノウハウを持つ人というのは、ある程度の実績や、結果を残しているからこそ発信ができる訳です。

インスタだったり、YouTubeであったり各自得意な分野で活躍をしている訳です。

成功している人には、特性があったり、才能があったりするのに、何もしていない人が購入をするのはどうなのでしょうか。

まずは興味がある分野に手をつけて、それに対して結果を残している人のノウハウを学ぶべきです。

あたり前ですが、何もしていないとインフルエンサーにはなれないのです。

自称インフルエンサーはインフルエンサー?

さて、これはあくまでも個人の意見なのですが、たまにTwitterでいる自称インフルエンサーはインフルエンサーなのでしょうか。

人というのは、自分で評価をするのではなく、他人から見られた時に初めて評価というのものが生まれると思います。

成績でも自分で成績をつけるのではなく、先生につけられましたよね。

それと同じことだと思います。

だからこそ、自称インフルエンサーは果たしてインフルエンサーなのでしょうか。

大物YouTuberや僕の尊敬するブロガーのマナブさんは、自称インフルエンサーではないですよね。

彼らはやってきた結果と同時に人に有益な情報と結果を残してきたのです。

広がるインフルエンサービジネス

最近、インフルエンサーという言葉が知られるようになり、あながちインフルエンサーが儲かると思われていると感じます。

しかし、フォロワーが多いだけでお金が入るのかは謎です。

そのノウハウを販売したり、勿論行なっている事業で設けている訳です。

なにもしてない人が目的もなくインフルエンサーになるなんてことは不可能なのです。

だからこそ、インフルエンサーになるべきではないと言いたいのです。

何かしていて結果を残しているのなら、勝手にインフルエンサーになると思います。

しかし、インフルエンサーになりたいなんていうのはあまりにも無謀であると考えるのです。

インスタグラマー、YouTuberなの、インフルエンサーと言われる部類の中で細分化されたものから選択をするというのがあればいいですが、インフルエンサーになりたいはざっくりすぎるのです。

インフルエンサーは勝手にインフルエンサーになるはず

仮にインフルエンサーになりたいという夢を持ったとして、まず始めることとしては、なにでインフルエンサーになるかということです。

しかし、既にある市場に参入して、インフルエンサーになるということは中々の努力と差別化を計らないといけないと思います。

インフルエンサーはなるべくしてインフルエンサーになる訳ですね。

結論

インフルエンサーになりたいと思っている場合、なにでインフルエンサーになるかが大事です。

また、インフルエンサーになればお金を稼ぐことができると言うのは少し違うので、勘違いをしないように。

しかし、インフルエンサーになれば、スポンサーやメディアからの注目集まりやすくなるのは間違いないかもしれません。

いずれにせよ、目的もなしにインフルエンサーになることはオススメしません。

インフルエンサーはなるべくして勝手になっています。

今行っていることをバンバン発信すること、結果を出すこと、社会的に意味のあることをしていけばインフルエンサーではなくても、何かしらの結果が出てくるのではないかと思います。

そう信じて、今日も僕は秘密基地を作っています。

コメント