プロテニスプレイヤーになるためにはどうしたらいいのか

未分類

こんにちは。投稿者の秘密基地を作る大学生です。

今回は、元テニスコーチの僕が、ジュニアからプロになることができるのかを考えてみました。

始める年齢

そもそも、運動は始めるにあたり、開始する年齢は早い方が確実に能力が伸びるようになります。

僕がテニスコーチをしている時も、3歳から初めている人がいました。

それらい、スポーツを初めている年齢は早くなっています。

上達をするにはテニススクールに通うという方法が無難であると考えます。

幼少期から試合に定期的に出る

幼少期から試合に出るということがまず、大前提でしょう。

試合慣れをすることで、試合感や緊張感に対してなれることができます。

これも、小さい頃から出ることで試合感や、適切なショットの最適化ができると考えます。

JOPや、ポイントの発生する大会に参加する

日本国内の試合は、海外のプロテニスと同様で、試合で勝つことでポイントが得ることができ、ポイントによって出られる試合変わります。

例えとして関東なら、関東の試合→関東ジュニア→全日本ジュニアのようにしてポイントを稼ぎ、試合で結果を残すことで、でることのできる試合のグレードがアップします。

地方大会、特に全日本で結果を残すことで、修造チャレンジに呼ばれやすくなったり、海外遠征に行くことが可能になったりできます。

場合によっては、ジュニア別の代表になるようにして、国際大会にも出ることが可能になります。

修造チャレンジに採用される

修造チャレンジに採用されることで、プロになることに近くことができると考えます。

もちろん選考されることでプロになれる保証ももないですし、国内のクラブでプロになる選手から、海外のアカデミーに留学をして、プロを目指す方だっています。

しかし、修造チャレンジの盛田ファウンドにより、IMGアカデミーへの留学に対して支援金が出ることがあります。

これらの制度を狙うようにしていくのも1つの手であると思います。

プロになる選択肢

海外に向けた場合

海外留学をして、英語を学びながら海外の生活になれることが第一だと思います。

一方で、杉田選手や添田選手のようにして、国内の高校、大学に進学をして実績をつけて、海外で活躍をした選手もいます。

オレンジボウルなどの大会に出て、実績を積むのというのがいいかと思います。

国内の場合

国内は名門のテニススクールに通い、私学の高校に部活として入学、大学の体育会で実績を積み国内のツアーを回るというのが一般的ではないでしょうか。

もちろん海外のフューチャーズやチャレンジャースにだって参加することが可能です。

最後に

いかがでしたでしょうか。スポーツのプロになるという本気の覚悟であるならば、相当な金額を親御さんも覚悟しなけれならないかと思います。

国内でさえ、毎週のように試合に行く送り迎えで大変なのに、海外に行くとなると、渡航費なども含め相当な金額になります。

プロとして、お金を稼いでいくということはもちろん大変ではありますが、コーチとしての道や実業団に入り、働いながらなど、職お幅もひろがっています。

コメント