マルチ商法を受けた僕が思う、勧誘を受ける前にすること

マルチ商法

こんにちは。投稿者の秘密基地を作る大学生です。

今回は、このブログで1番人気のマルチ商法について書いていこうと思います。

勧誘に実際に行ってみて感じた、被害を受けないためにすておくべことを書いていこうと思います。

勿論、マルチ商法の勧誘を受けた時点で、断る、行かないことが前提ですが、もしものことがある時に向けて書いておきます笑。

勧誘に断れなかった、怪しい話だが興味があるから話を聞いてみたいなんて思っている方には読んでほしいです。

まずはググる

まず僕は、教えてくれるという人の会社について言われました。

Twitterと、Googleで検索をかけて、企業について調べました。

まぁその時点で、「マルチ」とか、「違法」とか「バイナリー」とか出たらほぼアウトですね。

USBなんて書いてあれば尚更です。

HPなんてものすごいちゃっちいしアホらしくなると思うので。

ここまでしても興味があるとなったら、マルチの勧誘をしてきたコンタクトを取りましょう。

僕の場合は、2日連続で日程を開けてと言われましたが、そんなの向こうの策略なので、適当に2日開けて言えばOKです。

きっと電話がかかってきて、「すごい人と話せる」、「人生変わる」だなんて言われるでしょう。

法律について調べておく

マルチ商法の勧誘を少しでも受けると感じるのであるならば、まずは法律について調べておくことをオススメします。

お茶しよう、お金がかからないという勧誘をしておいてカフェや話を聞きに行った時にお金がかかるとか、サービスの話をされた時点で違法です。

また、100%儲かるなどの過度の表現も違法になります。

というようにして、事前にこと細かく調べておきましょう!

「特定商取引法」や、「マルチ商法 違法」などで検索をかけると、法律に関する記事が掲載されています。

特定商取引法とは|特定商取引法ガイド
特定商取引法は、消費者トラブルを生じやすい特定の取引類型を対象に、トラブル防止のルールを定め、事業者による不公正な勧誘行為を取り締まることにより、消費者取引の公正を確保するための法律です。規制内容などをわかりやすく解説しています。

事細かに解説されているので、こちらのようなサイトを利用して、事前に知識を入れてから行くことが大事です。

この知識をマスターしまくれば、少しでもでも違法性があればすぐに質問してやりましょう!

「これって違法じゃないですか?」って。

相手の勧誘してくるものについて知る

僕の場合は、バイナリーオプションという投資の勧誘、USBの情報商材の販売でした。

これは、Twitterの検索で何をしているのか詳しく聞くことができました。

そしたら、いままで以上にバイナリーオプションについて知ることができました。

簡単ではないということ、当たり前ですが正しい知識がないといけないとうこと。

だからこそ、年利が200%だ、勝率8割だかがおかしいと思うようになるのです。

さらに、人口知能だなんてUSBに入るわけがありません。
USBはUSBでソフトが入ってるだけ。

人口知能であれば、それなりの機械になることもわかります。

そもそもなんで売っているのかを聞く

実際に勧誘に言った時には、しっかりと紹介者について質問しましょう。

会社の人なのかとか、何している人なのかとか。

紹介する癖に会社の人ではないなんてマルチでは当たり前。

ましてやカフェなんてますます怪しいのに、なんで引っかかるかなぁ。

会社なら、オフィスとかせめて、デカイ講堂でそういうことしてほしいのに。

聞いてほしいのは、金融系の場合、年利が200%なら、なぜ会社がこのシステムを導入しないのかという話です。

おかしくないですか?勝率が8割なら、訪問販売なんてする意味がないんです。

銀行から融資を借りて、100万円でもいいから、資金を増やせばいいのに。

だから、なぜこのような販売をしているかは聞くべきです。

録音をする

万が一に備えて、スマホでもいいので会話を録音しておくことをオススメします。

後々なにかトラブルに巻き込まれた時の証拠になりますし、自分の身を守る上でも大事なものになります!

怪しく思われないように注意してください!笑

実際に僕はiPhoneで全てを録音しました。

終わりに

いかがでしたでしょうか。

マルチ商法は、以外にも本当にお金が稼げると勘違いをして行く人が多すぎます。

特に話を聞いただけで、準備や知識を入れずに勧誘をされるので被害に合うわけです。

少しでも知識を持って置くことで自分自身を守ることができます。

この記事でマルチ商法から少しでも被害を受ける人がいなくなることを願ってマス

コメント