元テニスコーチが思うボレーのコツ

テニス

こんにちわ。maruhikichiです。

今回は元テニスコーチの僕が思うボレー過ちやコツについて書いていこうと思います。

ボレーは振らない?

こんな記事を書いておいては何ですが、僕が一番苦手なショットはボレーでした。

だって難しいんだもん!

けどそれには理由があったんです。

ボレーは振らないという概念

ボレーは振らないというこの良く言われがちなアドバイス。

僕はこれにやられました。前で構えて止める。足のステップで前に入る勢いでボールを調節したり、スピードを出す。

これに僕はいつもこんがらがる。
面をセットしたまま、ラケットを止めたままならバックスピン掛からなくならない?って。

だから小学生の頃ん習ったボレーの練習は難しすぎた。

止めてボールを触るから、勢や距離の調整がわからないから。

ボレーはトップスピンが掛かることはまずない。そのため、ボールの気持ち内側にラケットを入れる。

少し動画を見てイメージをつけて見ましょう。

まぁ、外側から打っている時もありますが、真後ろからボールを打っていないこが多いのが分かると思います。

けど、動画を見ると、ピシッとラケットを止めているかと言われるとそうではないような気がしませんか?

じゃあボレーはラケットを振る!?

僕の考え方ですが、ボレーはラケットを「振る」です。

けど、いくつかの条件がある上で振るとこが大事だと思います。

ここ場合のいくつかの条件をあげます。

1、ラケットが体の前にある

まず、自分が見える範囲にラケットを出していることが大前提です。

自分の見えない範囲にある場合、振り幅が大きくなるので勢いが出過ぎていしまいます。

2、脇に余裕を持つ

脇と胸が近いと、スイングができる幅が小さくなります。しかも、ボディにきたボールを対処しようとしても難しい。

脇と胸は拳1個分くらい空けてあるといいですね。

そして、少し肘が曲がる程度にして構えておく。

3、上体を浮かさない

目線がブレれば、ラケットもブレる。これがあると、出る面がバラバラになるので、面ブレもするし、フレームショットも多くなる。

ラケットを振るではなく、ラケットを出す

ラケットを前に出している状態から、ボールを迎えにいきます。

ボレーは体の前で捉えると言いますが、腕もピンとしている状態だとラケットを押せないので、ボールを少し待って迎えるイメージです。

ストロークも前で捉えすぎるとボールが飛べなくなるのと一緒です。

1、打つ場所によって、ラケットを入れる場所を帰る

インパクト時にラケットを出しますが、ストレート方向に打つには、ボールの内側クロスには少し外からラケットを入れます。

ストレート方向に打つにあたり、真後ろからラケットを入れると回転が掛からなくなるので注意です。

入れる角度をボールを時計に見立てた場合

ミドルボレー
ストレート:7時〜8時
クロス4時〜5時

ですかね。

ローボレー、ハイボレーになった際には、入れる位置が違うので注意です。

ボールの高さに合わせてラケットもセットして入れる位置を考えます。

2、打ちたい方向にフォロースルー

ラケットが身体の前にあるので、インパクト後は打ちたい方向へラケットを出していきます。

ファーストボレーの際はフォロースルーと同じ速さで、自分もコートの中へ入れるといいです!

ラケットのスピードが極端に早い、足は早いがラケットの出方が遅いというのは、フレームやブレになりやすくなるからです。

おわりに

今回はボレーについて解説しました!

ボレーは苦手(僕も)という方は結構多いですし、ストロークに比べて打つ頻度が少ないので、感覚的に掴むのが難しいです。

練習中に積極的に前に出るなどの工夫をするだけでも、少し違うかもしれません。

今後は細かいショット別についてと、アプローチについてかけたらいいなと思います!

読んでくださりありがとうございました!

コメント