大学でやりたいことを見つけ,実践する為の方法

大学生活

ブログの名前を変えました笑。

こんにちは。投稿者の秘密基地を作る大学生です。

今回は、大学生活においてやりたいことを見つける為の方法を書いていこうと思います。

実際に僕が体験したことや踏まえて今回は書いていこうと思います。

大学に進学した理由はなんだ?

このブログを読んでいるということは、恐らくやりたいことがないと言う方が多いでしょう。

僕もやりたいことがないまま大学に進学をしました。

では、まず始めにどうして大学に進学をしたのかの理由について考えていきましょう。

最初に僕の話をしたいと思います。

まず始めに僕が大学に進学をした理由は、「やりたいことを見つける」為です。

これは、僕の高校時代の周りの友人でも多く、僕もその内の1人でした。

当たり前やんかと思われるかもしれませんが、大学は

やりたいことを見つけに行く場所ということです。

やりたいことがないからと行っても、大学に行けば授業とサークルとバイトの往復になる確率が多いでのは?と思います。

この状況では、やりたいことは見つかりにくい状況です。

では、どのようにして最適な方法で見つけだすことができるのでしょうか?

まずは、興味のあるものに手を出す

まずは、自分が少しでも興味のあることをあげてみましょう。

YouTube、プログラミング、新しい趣味などなど。

興味があると言うことは、恐らくやってみたいけどできないとい事が多いのではないでしょうか。

まずは始め方をググる、あとはコストがかからないような方法で始めてみます。

今行なっているブログのように、有料で揃うものもあれば、無料できるものもあります(はてなブログや、ライブドアブログなど)

始めはそのような無料ブログから始めてもいいかもしれません。

みたいな感じでなんとなく始めて、あきたら3日坊主戦法で合わなければやめましょう。

外の世界に目を向ける

僕の場合は、大学1年生の時はサークルがチャラすぎて入れなく、大学生活のスタートをしくったのですが、1年生の12月にインカレ的なNPOに1人で行きました。

そもそも1人でコミュニティができている空間に行く事は頭がおかしいかもしれませんが、僕はこれぐらいしないと変われないと思いました。

NPOでは、企画、運営、会計、広報等のサークルやアルバイトではできないような経験をしてきました。

少し環境を変えてみるのは、自分の得意、不得意を見つけることにも繋がるのでやりたいことの発見に繋がるかもしれません。

結論、大学生のうち(1年生から)多くの体験をしておくこともオススメしますし、1つの組織に1〜2年程度いることもオススメします。

暇な授業があるなら、検索をかける

大学に行くと、暇な授業でゲームしていたりする人が目立ちますが、そうではなく検索をかけることが大事だと思います。

授業で分からないこともそうですが、何かしらにおいて検索をクセづけることをオススメします。

興味のあることを調べる時間にすることで、他の人よりかは少なからずの吸収があるはずです。

検索をかければ、時間も知識も有効的に使えるはずです。

TRY and ERORR

まずはやってみて、ダメ、修正してやってみる。すなわちTry and erorr の繰り返しです。

これをくり返すことで、新しい発見や訂正箇所が見つかることができます。

これは、自分のやりたいこと以外でも、できることができると思います。

部活(スポーツ)でも、会社でもTry and erorrですね。

僕の作っている秘密基地もTry and erorrで頑張ります。

自分のメディアを作る

何かを始めたら、自分のメディアを作ることをオススメします。

一番簡単なのはやはりSNSです。

SNSでは自分の気分の書く人が多いですが、それは有効的な使い方であるとは言えません。

努力は影でするものと言う人もいますが、僕は違うと思います。

やはり、自分のしていることは応援されたいですし知ってほしい。

だからこそ、SNS等のメディアは大事ですし、ブログもその1つであるとも考えています。

僕はミクチャと言う、ライブストリーミング配信も行なっており、それもメディアの1つであると考えています。

自分の活動や、行なっていることは積極的に発信をしていきましょう。

おわりに

大学生活では、本当に好きなことができる期間であると思います。

興味のあることは早い学年のうちから早めに手をつけることをオススメしています。

せっかくの4年間。

何か1つでも自信を持って言えるものを生み出す、作りだせるのではないでしょうか?

コメント