大学生が思う、終身雇用の終わりについて

企業

こんにちは。投稿者の秘密基地を作る大学生です。

最近、終身雇用がもう終わるという話が話題になっているので、今回は就活生(ほぼやっていない)から見て思う終身雇用の終わりについて書いていこうと思います。

会社はもう社員を世話できない

トヨタの豊田章男会長がつい先日、「なかなか終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた」と述べました。

以前にも、経団連の会長も終身雇用が難しくなったという話をして注目されていましたね。

加えて、豊田会長は、「雇用を続ける企業などへのインセンティブがもう少し出てこないと」と言っています。

ここから分かるのは、会社がインセンティブを従業員に与えても、従業員が会社に対してインセンティブを与えられてないということです。

これ以上お世話しても、働かないならスキルがある人のお給料あげた方がいいということも感じられます。

会社が従業員に生涯を保証できない

大企業に入ることで、「安定」という文字をゲットできると思われていた時代。

しかし、会社は従業員の人生の保証をすることが難しくなりました。

以前まで大手であり、有名だった東芝や、震災により瞬く間に責められる立場となった東京電力など。

「安定」という言葉に責任が取れなくなりました。

コカコーラなどの大手のメーカーも45歳の退職者を希望するなど、遠回しのリストラを開始しています。

どうなる?これからの就職

もちろん、終身雇用がなくなるということはないでしょう。

が、終身雇用ができない会社は確実に増えます。

大手と言われるメーカーであっても、終身雇用が保証できなくなるという話であり、事実崩壊しています。

中小企業の方が終身雇用がまだ残る可能性があります。

就活ルールが通年採用に変わるように、個人のスキルや能力が評価され、大手は有能な人材を早く手に入れるようになるでしょう。


正直、日本は雇用形態が他の国と比べてもまれなので、終わりは見えていたのではないでしょうか。

終身雇用がないならば、1人でも生きられる、何かしらの武器がないといけなくなりますね。

だけど、いいニュース?

さて以下のリンクを時間がある方はお読みください。

大卒就職率、過去2番目の高水準 高卒も最高水準、福井県が1位 | 経済 | 福井のニュース | 福井新聞ONLINE
今春に大学を卒業し、就職を希望した人の就職率は4月1日時点で97・6%となり、統計を始めた1997年春卒以降、過去最高だった昨年の98・0%に続き2番目となる高水準を維持した。厚生労働省と文部科学省が5月17日、発表した。福井県内の大学生の就職率(3月31日現在)は福井労働局の調べで、前年と同率の97・7%だった。統計...

上記のリンクをまとめると、就職率が1997年春卒以降、過去最高だった昨年の98・0%に続き2番目となる高水準を維持したと言う話です。

いいニュース?悪いニュース?

このデータを見ると、完全に「売り手」市場のようにも見えるため、一見いいように見ることができます。

しかし、反面で終身雇用が終わるということを見た時に、人がいないが故に一時的な労働力として採用するという見方もできるのではないでしょうか?

企業は通年採用が増え、終身雇用が終わる。

この先の時代を見越した時にどのようにしていけばいいのでしょうか。

世の中に対して何者になれるかが大事!?

これは勝手な考察になるのですが、このままいくと人生において何もしない学生と言うのは置いていかれる可能性が高くなる訳です。(僕は何もできていない…。)

「あなたは何ができますか?」と問われた時に、他の人にはない「何か」を持たないといけない訳ですね。

焦る…。

時代の分かれ目というか、そういう時期だからこそ生き方というのが完全に変わって来そうですね。

だってプロの奢られ屋さんがいるんだから。

コメント