実際にしょぼい起業で僕が生きてくことは可能なのか

大学生活

こんにちは。投稿者のmaruhikichiです。

今回はYoutuberのえらいてんちょうさん、(通称えらてん)さんの著書、「しょぼい起業で生きていく」を読んでの感想やまとめ、実際に僕のおかれている状況においてそれが実践できるのかについて書いていこうと思います。

実際に僕が運営し始めた「リアル秘密基地」をベースに考えていきます。

リンクからnoteに飛べるのでクリックしてみて欲しいです。

しょぼい起業とは

しょぼい起業とは、えらてんさんが提唱した起業方法と言えばいいのでしょうか。まぁ、生きる手段です。

著者のえらてんさんは、満員電車が無理と言う理由で、とりあえず起業をすることにします。(この発想がすごい)

普通起業となると、リスクが大きい、資金がいる、広報やマーケットの分析など数え切れないほどのリスクや課題があるイメージです。

しかし、しょぼい起業は全くもって違います。資金も技能も綿密な計画もいらない。

おいおい、そんなことあるのかよ…。とはじめは半信半疑の僕でしたが、読み始めたらあっと言う間でした。

まとめなどを書いていくとネタバレになってしまうので、気になる方は是非読んでいただきたい!

少し本の内容を出してしまいますが、詳しい内容は本で見ていただけたらなという風に思います。

ざっくり本では

  1. 生活の資本化
  2. 銀行からの資金調達はいらない
  3. 家じゃなくて店に住む
  4. 準備資金0でもおけ
  5. 従業員は雇わない
  6. SNSを店舗にする

という感じでの構成になっているんですかね。勝手な要約をしてすみません。

僕がしょぼい起業をするなら

まず、生活の資本化が可能か。

実際に本の内容に沿った形で話しを進めていこうと思います。

まずはじめにしょぼい起業の基本的な考え方として「生活の資本化」があります。

これは、いつもやっている行為をお金にすること

日常で行なっている行為をお金にするって言われると、すぐにはイメージできませんね。

本では、農家さんの話しが例に上がっています。実家が農家で地方に住んでいて、東京の大学へ新幹線できている。

その移動の時に野菜を一緒に持ってきて、東京で売ればお金になりますよね?

これが生活の資本化というそう。

そう言われると、僕らは多くのことを当たり前のようにこなしている。ケータイいじるでも移動でももしかしたら寝るでもお金になるのかもしれない。

色々考えて僕は生活の資本は秘密基地の部屋であり、そこで片隅に置いているものが生活の資本化になりつつあると思った。

普段はワークショップに近いイベントを開催しているが、駄菓子は別に片隅に置いているだけ。けど、訪れた人は企画の合間やおやつに99%の確率で買っている。

初めは駄菓子屋をみんなで作るというイベントから、駄菓子を置くという生活になり、勝手に売れていく。

これは生活の資本化と言えるのか?はわからないが僕はそう信じたい笑。

駄菓子が儲かるかは別として可能ということでいい…です…かね…。

資金調達

実際僕は自己資本をほとんどかけていない。ポルカ(クラウドファウンディング)と神奈川県事業費で5万円。そこから運営してちっちゃくやっている。

木材は廃材を再利用するシェア工房なので0。金具などは100均で帰るから安価。

子どもからお金をとることをしたくないから、ブログ書いたりしている訳で別にお金設けしようとはしていない。

けど、何かしらの形ではやらないといけない時が来るのかとも思う。

だから、信用をいかに稼いで、投資してくれたりする人を早く見つけたい。

店舗

幸い、僕の借りている部屋は3月までただである。去年の12月〜3月の4ヶ月は無料なのだ。だから、0。

まぁ、4月からお金を払わないと行けないからやばいんですけど。

でも住んではいないです笑。寒すぎるので。

準備資金

先ほども書いたように0円。

SNS

僕はTwitter、facebook、Instagramをしているが1番反応率がいいのはFacebookだ。

だけど参加までどうしてもたどりつけない。

僕のやっているものの場合、ネットではなく口コミが1番強い広告になるであろう。

ぼくのしょぼい起業プランの結果

なんだろうか。このできそうでできない感。

もどかしい。何が足りないんだ。

企画に魅力がない?発信が足りない?お金がない?僕の問題?

新学期に向けて「ダメ」ができるようなもの、コンテンツ、人を集めないと…。

課題

生活の資本化は飲食だと簡単、サービス業は?

生活の資本化でサービス業となると、持っている物を売るフリーマーケットやそれこそメルカリなんてケータイをいじるの自分のいらないもの(資本)を売る最強のビジネスだと思う。

けど、僕の場合中々思いつかない。誰か、アドバイスを…。

仲間

本の中では従業員は雇わず、協力者を募ることが大事と書いてある。確かに僕の友人は手伝ってくれる。けど定期的にいられる人って中々いない。

それこそ大学生でみんな就活。

あ、親御さんとか巻き込むとか?えぇ、でもそこで何かあったら責任とれないしなぁ。

うーん。難しい。

従業員

雇えるだけの資金はないが、友達は手伝ってくれている。

しかも、参加する子どもの親御さんが手伝ってくれる。企画を一緒にすることが多くあり、道具の準備や工作の下地まで作ってくれたことだってあった。

何より、企画を考えてきてくれることだってある笑

これが何より面白い。

SNS

SNSでの発信力が僕は明らかに弱い。しかも人を巻き込むと言うことも苦手である。

YouTubeの場合人のこどもの顔をネット上にあげるのもなんか怖い。(ゆーてFacebookに名前伏せて載せてるけどさぁ)

もう少し効率よく使いたい。

最後に

僕は部屋を広告媒体にしてお金を稼ぎ、場所として運営することができないかと考えている。

そしたら別に趣味って言いながらできるし、子どもがお金を払わずして面白い体験や、学校をサボったり、普段なら親からダメって言われるようなことしたりできる。

もはや秘密基地を生活の資本化にしてやりたい。

ビジネスモデルもないし、実際初めてすっごい難しいし、泣きそうになるし、寂しい。

けど、来てこんな僕と遊んでくれる子がいるのは嬉しい。

もしかしたら、僕は自分の居場所を作っているのかもしれない。

コメント