就活は政府の手によって潰される

大学生活

こんにちは。投稿者のmaruhikichimです。

3年生に人は就活が解禁し始めます。

さて、先日このような記事を見つけました

採用直結のインターン、政府も禁止要請へ 21年春入社:朝日新聞デジタル
 2021年春に入社する今の大学2年生から適用される就職活動の新ルールで、政府は採用に直接結びつけるインターンシップ(就業体験)の禁止を近く経済界に要請する方針を固めた。就活の早期化や長期化を食い止め…

さて、今回はこの記事から読み解く就活について考えていこうという風に思います。

21年度から、長期インターンがなくなる!?

インターンが採用に有利になると言うのは、就活や説明会に参加するにあたって、感じるものだと思います。

長期インターンや採用直結のインターンとなると、参加したくなりますよね。

だって就活を有利に進めたいから。

政府がこのような出し方をすることにはいくつか理由があると考える。

1、選考に優越をつけないため。

これは、分からなくもないが、僕の個人的な見解だが、学歴社会がより強まるのではないかという風に思う。

正直、この世は学歴がモノを言うとも思うし、年収や幸福度だって違う。これはデータによって出ているものである。

会社に入った際の仕事のできも違うそうだ。

では、選考に優越をつけることがなくなる。
つまり、先に能力や知識をインターンで学んだり、即戦力となる学生を見つければ、会社に入った時に即戦力となる人材の発掘が困難になる。

採用直結型インターンをなしにした際に選考基準を考えると、結局「学歴」なのではないかと思う。ちなみに今後は学歴社会になるようだとネットニュースで以前見た。

2、就活の長期化を防ぐため

確かに、これはあるかもしれない。

長期化すると、早く動き出した人が優位になる。

だからこそ、1年生や2年生になった段階でインターンや就職に関してアンテナをはらないといけない。

そこをバラバラにスタートすると、

長期になって、なにがいけないの?

個人的な意見になるのですが、これの何が悪いのかよく分からない。

今は情報社会。

いかに人よりも情報を集めて、行動するかが大事だと思う。

だからこそ、早く情報を手に入れて動く人ならば、行動力も情報収集能力があると思う。

まぁ同じ条件下じゃないのはないでいけないとは思うんだけどなぁ。

うーん。難しい。

コメント