履修の空きコマの効率的な使い方

大学生活

こんにちは。投稿者の秘密基地を作る大学生です。

4月に入り、履修登録が終わり授業が本格化し始めると思います。

思い通りの履修を組んでいけば、スケジュールやアルバイトなどの効率的に組み立てることができますが、人気の授業などがあると抽選があったりして思い通りの履修が組めなことがありますね。

はたまた、授業の組み方的に必ず空きコマができてしまうことがあります。

今回は、そんな空きコマの時間にできる効率的な使い方について書いていこうと思います。

大学内でアルバイト

これは、僕の大学にあるので、様々な大学にあるのではないでしょうか。

先生のアシスタントなどを行うと言うもの。履修生が多いと、どうしても先生がプリントを配布するとなると大変です。

というような、教授のアシスタントや、テストの際の監視・アシスタント、学食でのアルバイトなど学校で募集をしていることが多いと多いと思うので、時間がある学生には隙間時間でお金を稼ぐというのはいい方法かもしれません。

僕の通う大学では、900〜1000円程度の時給で働くことができます。

大学だから安いのではなく、他にアルバイトと同じようにして以外にもいい時給でやってくれています。

予習・復習・課題をする

さて、こんなことを書きますが、おそらく多くの学生はしませんよね笑。

僕がしていないんで。(クズ)

「しかし、そういうことを言っていて、テスト前になるとやっておけばよかった…。」

「ノート全然書いていない…。」

なんてことがありますよね。

ガッツリ別に勉強はしなくてもいいと思うんです。

だけど、少し今後の自分が楽になるために、隙間時間に予習(ほとんどしなくていい)

むしろ復習というか、まとめとか今後テストに使うであろう物を作成するというのは大分楽になるのではないでしょうか。

自分のメディアの生産

これは、特殊というか自分のメディアを作っている人は、生産する時間に当てることができると思います。

1時間あれば、1記事作成することもできれば、ネタを探すこともできます。

このようにして、自分自身のメディアを作成することが可能ですね。

むしろ、多ければ多いほど自分のメディアを作ることができます。

自分のメディアがないと言う人でも、今では無料しかも顔を出さないと思えば出さなくてOKですし、匿名でできるので、工夫の仕方でメディアを作ることができます。

趣味の時間にあてる

カラオケ、読書、カフェ巡りなど、2コマの空きコマがあれば自分の好きな趣味に当てることができます。

僕的にカラオケは、wi-fiあり歌えて、机があって作業もできてしかも個室と言うなんとも効率のいい場所ではないかと思います。

読書やカフェは完全に自分の時間として有意義に使うことができますね。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

空きコマは暇な時間に思えて、実はなにかしらを生み出したり作業ができる素敵な時間だったりするんですね。

僕も空きコマの時のYouTubeをみたりしていましたが、今思うとあの時こうしていれば…。

なんて思うこともたっくさんあります。

使い方がわからねぇよ!なんて人、大学4年目にして気が付いた人がここにいるので、ぜひ有意義に使ってみてはいかがでしょうか?

コメント