返品・返金したい!クーリングオフハガキの書き方

マルチ商法

こんにちは。秘密基地を作る大学生です。

今回は、クーリング・オフのはがきの書き方を書いていこうと思います!

というのも、僕自身以前クーリングオフを悪徳商法の業者に書いて返金対応をしてもらったりしたことがあるので、僕の経験からよりリアルな話が書けると思います。

買ってしまった高額商品。考えなおして返品したい…。

まずはクーリングオフできるか確認!

さて、高額な買い物や勧誘を受けて、高い買い物をしてしまい返品がしたい…。

でも、ルールなどが分からない、書き方が分からないなんてことありますよね。

クーリングオフは、基本どんな場合でもすることが可能です。

以下のURLから自分がどのような販売方法で商品やサービスを購入をしたか確認しましょう。

クーリングオフ一覧表
クーリングオフ一覧表で、クーリングオフについてわかりやすく解説

また、できない場合もあるので確認してください!

クーリングオフできない場合(対象外)
クーリングオフできない場合(クーリングオフの対象外)について、一覧表で詳しく解説

クーリングオフの承諾を業者と確認

クーリングオフは、業者と確認や承諾を受けなければすることができません。

というのも、カード会社がクーリングオフを許可するのではなく、業者が許可を出さないとカードの引きおとしの拒否ができないからです。

まずは、業者側にクーリングオフができるという確認をいないと、クレジット会社は対応してくれません。(実際に僕がそうだった)

また、カードの支払いはクレジット会社とカード会社と別で管理をしているので、そことも確認が必要であると思います。

ハガキの書き方、送り方

ハガキは2枚書く!

クーリングオフのハガキは、業者宛てとカード会社向けに2枚書く必要があります。

業者宛てだけでもOKですが、万が一に備えてクレジットカード会社宛てに書く事をオススメします。

書き方は消費者センターのHPに書いてあるのでURLを貼っておきます。

クーリング・オフ(テーマ別特集)_国民生活センター

ここで、書き方が書いてあるので参考にしてください。

また、消費者センターは問い合わせをすれば、FAXや電話で対応をしてくれるので、相談員に乗ったもらいましょう。

ハガキのコピーは忘れずに

クーリングオフのハガキは、両面のコピーをする必要があります。

というのも、出した日にちと送った証拠を残して置く必要があるから。

万が一業者側に届いていないと言われた場合の証拠となります。

特定記録郵便で出す

ハガキは郵便局に行って、特定記録郵便で出す必要があります。

特定記録郵便とは、出した場所から届けたい場所に届いたかがわかる輸送方法になっています。

番号をもらうので、郵便局のHPから番号を入力すると指定した住所に送られたかが分かります。

確実なのは内容証明郵便

確実なのは内容証明郵便で、裁判などになる際は証拠として残すことができるそうで。

手紙を出したこと、日付、内容まで記録されるので確実です。

内容証明郵便と、特定記録郵便との違いとして、内容証明郵便は郵便局側から証拠として出してくれることです。

特定記録郵便は郵便局側から証明されないので裁判やかなり悪質な場合は内容証明郵便が確実だと思います。

内容証明郵便の書き方、出し方、効力、弁護士費用を弁護士が解説|咲くやこの花法律事務所
内容証明郵便について。内容証明の書き方、出し方、送り方、効力、弁護士費用について、内容証明の効力や、用紙、書き方の手順、正しい送り方、また注意点をはじめ、弁護士に依頼した際のメリット、デメリット、弁護士費用まで大阪の咲くやこの花法律事務所の弁護士が詳しく解説いたします。

こちらで書き方が書いてあるので、参考にどうぞ。

終わりに

クーリングオフはできるならば早急に対応をする必要があります。

早ければ早いだけ対応ができますし、警察へ相談する場合も早いことが必要です。

また、証拠や日にち、メッセージのやりとりや、怪しいセールスの話に行く時は録音しておくことをオススメします。

適切な処置をして、正しい判断がされることを祈ってます!

コメント