運用し始めて2ヶ月。ブログを書いて感じるメリット、デメリット。

大学生活

こんにちは。投稿者の秘密基地を作る大学生です。

今回は、ブログ未経験の僕がブログを運用し始めて2ヶ月で感じたことを書いていけたらと思います。

まずは感じられるメリットから書いていこうと思います。

メリット

タイピングが早くなった

元々PCで大学の授業を受けることが多く、PCを使う機会が多かったのですが、圧倒的にタイピングが早くなりました。

これでレポート課題に対してどれだけの作業時間で書くことができるのか楽しみです笑。

ライティング能力のアップ

恐らくですが、最初の記事に比べて、文章能力が上がったのではないかと思います。

まとめる力はかなり必要ですし、長すぎても短すぎても記事はいけない。

誰にも教わることなく、試行錯誤をしながら文章を書くという機会は中々ないのではないでしょうか。

これも大学においてかなり使えるスキルなのではないかと思います。

レポートや授業内課題において、どのように成績に反映されるか楽しみです。

自然とインプット、アウトプットができる

僕は、アウトプットをするのは得意というか、SNS等で情報を発信するのはよくしていたのですが、持っていいる知識を小出しにしていくということがほとんどでした。

しかし、ブログを始めたことで、自然とインプットができるようになり、必然的にブログでアウトプットができるようになるのです。

体験、経験したこと、知識。

これらはそんな経験においても言うことができると思います。

さらに、自分の知識や経験をより深めるということが可能になります。

「見たよ」の声が嬉しい笑

Twitterに投稿をしていて、誰にも見られていないと感じるのですが、以外にも見てくれていることが多く嬉しく思います。

少しでも言ってもらえるだけで、見られているという意識と記事の質を意識することができます。(たまにひどいのがあってすみません笑)

さて、次は僕が感じるデメリットを書いていこうと思います。

デメリット

コスパが悪い

こぼブログはWordPressで作っているのですが、サーバーやドメイン等を含めて7000円ほど。

これを安いか高いかはブログで設けている人、設けていない人で多きな差を感じると思います。

ブログを初めて2ヶ月の僕からしたらコスパが悪い…。

アフィリエイトで商品を売るなどをしないと完全には儲けることは不可能です。

アドセンスの収益は2ヶ月でも1000円にも満たず、小学生のお小遣いレベルです…。

時間の制約

僕の場合、記事を書くのに1〜1時間30ほどです。

時間がない時は1000時にも満たない記事を書いていることだってあります。

時間があると言われても、以外と時間がないのが大学生。

バイトや学校の合間合間で作成するしかないです。

ネタ探し

ネタは、大学生活をしている上で結構ありますが、そのネタ探しが以外と大変。

大変と言うよりか、relatedkey wordというサイトで検索をかければ、どのようなものが検索エンジンでかかっているのかを知ることができるので、結構楽です。

大変よりも、ネタに合わせて記事を書くということが結構大変です。

目標はほぼ毎日なので、結構大変ですね笑。

お金になるまで時間がかかる

ブログは、すぐに結果をだせる人もいますが、いかにSEOに引っかかるかが大事です。

もちろん、SNSからの集客で人を呼ぶこともできますが、SEOで検索をされるまでには時間がかかります。

終わりに

ブログは良くも悪くもデータに出ます。

WordPressなら、PVを見ることもできますし、ADOSENCEの場合は見られた数もお金もリアルに出てきます。

この数字が上がっていれば勿論嬉しいですし、下がっていると悲しい…。

そういった部分でも、少し僕のモチベーションになっていると思います。

大学生で少しブログを初めてみようと思う方は、まずは初めて見て、1度実感してみてはいかがでしょうか?

無料ブログなども沢山ありますし、0コストで自分で記事の価格を設定することのできるnoteもオススメです。

時間があるようでない大学生活。1度新たなチャレンジをこの時期に初めてみては?

コメント