元テニスコーチの大学生が思うバックハンドストロークのコツ

テニス

さて、前回はフォアハンドについて投稿しました。今回はバックハンドストロークについての解説です。
※今回は両手打ちについてです。

さて、バックハンドはフォアハンドよりも苦手な人が多いのではないでしょうか

今回はコツとポイントを解説していきます!

テイクバック

バックのテイクバックは、フォアハンドとは逆で、右肩を顎につけるようにしてテイクバックをします。

テイクバックでは右肩を入れないといけないので、左手で打つイメージが強すぎると身体が開きやすいです。

右肩が顎につきそうですね!

こうすることで、テイクバックと同時に、捻りもできます。

ここから左肩を右肩とチェンジすることで、体を使ったスイングが可能になります!

結論として、テイクバックは右手主導になります。

左手で打つは、インパクトから打ち終わりまで

インパクト

さて、バックは「左手」で打つと言われがちですが、僕の個人的な意見としては、インパクトまでは右手、インパクトから打ち終わりまでは左手とで打つというイメージです。

インパクトから左手の理由は、手に打球感が伝わりやすいのは、グリップの握りにより左手が必然的にインパクトを感じやすいから。

フォロースルー

インパクト後からのフォロースルーは、右手を主体に振り終わりまで行おうとすると、左手が縮まりフォロースルーが小さくなります。

また、右手主導のフォロースルーだとラケット面が伏せ気味になってしまいます。

最後のフォロースルーはしっかりと、テイクバックした際の右肩と入れ替え、左肘がしっかりと売りたい方向に出せるようにしましょう!

終わりに

いかがでしたでしょうか。筆者はバックハンドがイップスになった経験もあるので、今後も詳しく解説していきます。

コメント