プログラミングが無料で学べる?inteeの選考に行ってきた。

大学生活

読んでほしい人

inteeのサービスが気になる人
プログラミング学習に興味がある人

プログラミングを学びたい

HPを自分で作りたく、プログラミングを学びたいと思いはじめ、色々検索していると「無料」でプログラミングが学べると言う文字。

学生はお金がないから、安くいいサービスを受けたいのは当たり前。

そんな中フェイスブックを見ていると、inteeという学生を対象にしたプログラミングを教えてくれるキャリア支援の逆求人イベントの選考の応募があったので登録しました。

一応就活も兼ねて。

そもそもinteeとは

株式会社ITプロパートナーズが行なっている、プログラミング研修を無料で就活生に提供することで、社会が求めるスキルを手に入れ、優秀な学生を採用したい企業とをマッチングするファーストキャリア支援サービス。

優秀な人材と企業を排出する目的があり、採用されれば選考されやすいような環境を提供してくれるそう。

学習支援サービスを受けられるのは、面接をした上で決められるそうで今回はその面接に行った際のことを書きます。

面接までの流れ

inteeはウェブサイトから登録し、個人情報を入力。そこから面接の日程を調整することが出来ます。

ここからの情報をみて企業がスカウトをしてくる場合もあり、僕もスカウトされる企業がいくつかありました。

サイトでは、見た感じほぼ毎日面接を行なっているので自分の予定に合わせて受けることが出来きます。

アプリとかではなくウェブ上でのやりとりで、面接の日時が決まるとメールにて送られてきます。

話す内容や事前に用意するものなどは特に指定されず、服装も自由でした。

場所は渋谷のすごく綺麗なオフィスにて行われました。

10時スタートで、受付の人に案内されました。1人で机に待たされ待つこと10分。担当の方が来られ面接スタート。

と思いきや、遠くで1人で待っていた子も面接に参加。最終的に僕を含めて3人の学生での面接になりました。

早稲田とか慶応などの偏差値の高い学校の子が多いとネットで見ていました。

確かに偏差値高そうな顔(偏見)の子がオフィスにはちらほらいるイメージ…。

僕の時は駒沢と東京理科大の子達と面接をしました。

面接当日

面接で話されたこと

3人対1で面接官?(採用担当のスタッフさん)との面接がスタートしました。

はず始めにinteeについての詳しい説明をされました。

キャリアの話とか、企業の人と話せる機会が設けられているとか。

次にプログラミング学習についての話をされました。これからの時代プログラミングがどの分野においても欠かせなくなるという話をしてもらい、次にどのようなことを学ぶのかの詳しい説明をされました。

HTML.CSSをベースとしてスタートしJavaやRubyなどの興味のある言語を学習できるというもの。

テキストが用意されており、約3ヶ月での学習を行うそうです。

逐一先生に質問ができ、バックップまで充実しているというような内容でした。

面接官の人は一通り学生に学校や、雰囲気を和ますために話かけてくれました。

面接で聞かれたこと

一通りinteeの説明が終わり、1人づつ質問していくようにして面接が始まりました。

僕は真ん中でまずは端から。「どんな感じで就活してるの?」「熱中してきたものは?」「部活は?サークルは?」などが聞かれていました。

「あれ?思ったよりも深く質問してこないんだ」(失礼)と思い約10分。

次は僕の番。

面接官:「 なんで応募してくえれたのかな?」

 maruhikichi:「今やっている事業で使えるし、現代で言う手に職をつけるということだと思うから」

みたいな話をし、

面接官:「今やっている事業とは?」

maruhikichi:「秘密基地作ってます」

面接官:「…。詳しく。」

みたいな。少し盛りましたけど。

まぁこの時点で落ちたと思いました。だって就活する気満々でもなくて、1人で秘密基地作ろうとしている奴にサービス提供したいかと言われたら…。ねぇ。

まぁでも

「そこはどこを目指しているの?」

「君はどんな大人になりたいの?」

最終的に「君は起業思考だよね」と。

うん、これはほぼ確で落ちた。ってか落ちたわ。

これはただのスキルただで身に付けたい野郎にしか見られないもん。

というような自分を整理するような質問をくださり話せてよかったなぁと。

最後の学生の人もサークルの話や、どんな会社を見てきたか。どんな職に就きたいかなんて話をしていました。

使っている就活サイトの話もしてましたね。

全体的に、予想ですがあらかじめプロフィールを確認していて気になったポイントと、プロフィールに書かれていない、書き忘れた部分を聞いていたのかなぁという印象でした。

結果。

結果は面接の翌日の18時にくると言われていましたが、結局きたのは3日後でした。

結果は…。はい。察してください。

まぁ、逆に変な確信があったので悲しくも悔しくもなかった…。(負け惜しみ)

終わりに

いかがでしたでしょうか。

おそらく目的が明確で、「しっかり就活したい」と思っている学生にはかなりオススメします。

だって15万円のプログラムが無料で受けられるわけで。

逆に、休学したいとかって思っている人はオススメしません。理由簡単です。

相手企業にも、選考会にもメリットがないから。

3年生じゃなくても、1、2生からこのようなプログラムに参加するのはいいかもしれませんね!

コメント