大学3年生になって思う大学に行く意味

大学生活

ワクワクする大学生活。やりたいことを見つけたい。

そんなことを僕も思っていた。

けど、いざ行き始めると、行く意味を見出せなくなる。何をしにここへ来たのだっけと。

だから、大学つまんねぇとか、行く意味ないとか言っている人へ伝えたい。

その気持ちすごく良くわかるよと。

ぜひ大学や進学に不安になっている人、大学でやりたいことがなくなった人に読んでほしい。

あくまでも個人の意見なので、ざっと目を通してくれたら嬉しいです。

人生において大事な進路選択

大学受験のシーズンも終盤に差し掛かり始めていますね。

人生において大事な進路選択だと思います。

おそらく、高校生の人は大きく進学か就職に別れるかと思います。

進学と言っても4年生大学、短期大学、専門学校、海外留学?もあるかもしれません。

僕は公立の高校に通っていましたが、ほとんどの人が4年生大学に進学しました。

今回は大学3年生になってやりたいことが見つかり、楽しくなってきてしまった僕が、考える大学にいく意味を書こうと思います。

そもそもやりたいことがない高校生時代

僕は小学校、中学校で真面目キャラを作り、高校生になって中学生みたいなことばかりしました。
けどそれが本当に楽しかった。

高校時代僕は部活でテニスをして、テニススクールに通い試合を回るような生活をしていました。そんな高校生活でした。

次第に大学進学準備が進むにつれて、みんな受験モードに入ります。
僕はある程度学校の成績がよかったので推薦で大学進学を決めました。

推薦と言っても、行きたい学校の行きたい学部には行けず2次募集で決まった学校へ行くことになりました。

なんとなーく興味があるから、今いる学校の学科を受けたわけで、本当に行きたかったのかと言われるとYesとは言えません。

一般入試でも僕のような推薦入試でも「やりたいことがないからとりあえず大学に行く」と言う言葉を何人からか聞きました。

でもそうじゃないですか?部活で忙しくて友達と遊んで。

やりたいことが見つけ出せない、見つけられないし、見つけられる環境が用意されていない。

学校が悪いと言うわけじゃないけど、中学は高校受験の為、高校の授業は大学受験のための勉強をする。

でも好きなことだけを自由に勉強するなんてことも難しい。

僕は自分の興味のあることや情報に目を向けられなかったし、将来なんて真剣に考えられなかった。(今もフラフラしているクズ野郎だけど)

だから大学に行く。

だから進学してやりたいことを大学で見つけて就職する。

偉そうな人は言うじゃないですか。「大学に入ってから何がしたいか」とか、「大学のその先」とか。
そんなこと考えられる人って高校生で中々いないと思うんですよ。

本当にごく1部だと思う。そういう人はやりたいことが見えているし、見つけようとしている。

けど見つけ方が分からない。機会がない。就職したいけど何になりたいとかはない。

僕の高校生と大学生時代はまさにこの典型的なパターンだ。

なんにもすることがない大学生時代

実際、僕は大学に行くことにワクワクしていた。

サークルに入ってワイワイして、彼女作ってみたいな。

でも実際僕はサークルがチャラすぎて行くことを断念する。(くそチキン)

入学早々に友達とも喧嘩をして、仲が良かったのに連絡を取らなくなった。

授業中はみんなスマホをいじり退屈そうにするし、受けなくていいと思う授業は出席カードを通して帰る。

僕は本当に大学に行く意味を見出せなくなった。

気がつけば1年生の12月になっていた。

大学に行くメリットを考えてみる

大学だからこそ仲間が生まれる

僕はあるきっかけでとあるNPOに所属することになる。

やさぐれていた僕を見て、僕が子どもを好きなことを知っていた友達が、知り合いに子どもと交流するNPOをしているから行ってみなよと誘ってくれた。

まぁ、大学生が中心なのでサークルと言ってもあまり代わりはないです。

当時の僕は何を思ったんでしょうね。2つ返事で行くといい、コミュニティができているであろう、そのNPOに1人で行くんですね。(アホ)

そこで色々な体験をさせてもらいました。企画作って子どもたちと合宿してみたり、広報やってみたり。

1つイベントをするのにメンバーを集めて企画、運営を行うことが良い経験となりました。

それで、面白いなと。色々な人と出会えて、感情に純粋な子どもと遊んで面白いなって。

まぁ、サークルとかで仲間とかが増えて、好きなことの時間が多いのは大学生だからこそですね。

学歴と単位が手に入る

この前、秘密基地に来た元教師のお母さんが「大学は単位と学歴をお金で買う場所」と言っていました。

確かにそうかもしれない…。(僕は単位買えていない。)

確かに大学に行けば何かしらの職業には就ける。

インターンができる

僕はしたことがありませんが、1年生や2年生のうちからインターンをする人は多いですよね。

Wantedlyなどから応募することも可能かと思います。

一足先に社会的経験ができるのも大学生の強みではないでしょうか。

大学はやりたいことが見つかる?

大学は自分が主体的にならないとやりたいことなんて見つからない

正直ここまで話を進めましたが、結局大学って自分が主体的にならないと意味がないって思ってしまったんです。

いちいち小学校みたいに、「こう言うイベントあるよ」とか言わないし、そういうのは大学のHPで情報を発信するので、どれが自分にとって必要か、必要でないかを判断しないといけないと思ったんです。

もちろん人から聞く情報もそうだけど。

だから、飲みとか遊びとかそういうのに時間を割くなら他のことをすればいいと思う。

少しでも興味あることに時間を割く。

興味のあることをしている人に話をしに行く。作品を作ってみる。興味本位で投資してみる。なんでもいい。

単位と学歴さえ手に入れば何かしらの職には就けるから。

僕経済学部だけど、全く経済していないし、むしろ経済とは関係のないことしかしていない。

けど、それが今は楽しいし、大学生でよかったと思う。

大学で学ぶことが社会で使えるかは自分が判断する

昔のアメリカの経済の話とかを授業で聞くけど、これが一体仕事にどう影響してくるのか未だに分からない。

一般知識として常識として覚えておくべきことなのかもしれないが、実際に授業をとっていてこれが何の役にたつのか分からないことがある。

ただ僕は昔のアメリカの経済に対して興味がない訳で、それを面白いと思う人はいる。

当たり前だけど、僕が面白いと思うことをつまらないと思う人だっている。

学んで、面白いと思うなら一度唾をつけるのが大事だと思う。

大学生で良かった

変なことしていても応援してもらえる

30代、40代で「秘密基地作っています」って言われたらどう思いますか?

頭イっちゃってるって思いますよね?

けど、大学生ですって言うと、応援してくれるんですね。

「面白い」「楽しそう」って。

だから大学生で良かった。笑

大学生ってブランドなんだって。

だから今のうちに色々することが大学に行く意味かなって。

終わりに

結論、今のうちに好きなことと興味のあることに手を出しておいた方がいいと思う。

それも早いうちに。綺麗な形にしなくていいし、失敗しまくったほうがいい。

勿論、大学は学業が第一優先に来ますのでそこは忘れないでください。

ですが、時間がある中で少しでも興味のあることをする。興味のあることをして知識を得る、様々な価値観に触れ合うことができるのは大学生ならでは。

ぜひ貴重な4年間をこれから手に入れる人は大事に使ってください(いいなぁ)

コメント